勘違いしやすい肌の性質|乾燥肌に悩む人のための化粧品が此処に登場

乾燥肌に悩む人のための化粧品が此処に登場

勘違いしやすい肌の性質

女の人

肌の乾燥は脂質肌にもなる

秋から冬にかけては特に肌が乾燥して、夏場に紫外線をたっぷり浴びてしまった肌へ更なるダメージを与えます。脂っぽくて化粧が浮いたりするという人でも実は肌が乾燥しています。たっぷり潤っているつもりでも奥から乾いていたり症状は様々ですが、痒みやカサカサになったり、キメが乱れたり、化粧ノリが悪くなったりと乾燥肌は色々なトラブルにも繋がります。色々スキンケア商品を使っていても充分にケアできていなかったりします。基本的には夏場と秋から冬にかけてはスキンケア商品は使い分けが必要です。もちろん、スキンケア商品だけでなくコスメ商品も同様です。季節によって肌も変化があり、気温なども影響します。また自身の肌に合う商品で、浸透力やビタミンが多い商品をベースのスキンケア商品に取り入れるのもおすすめですが、実際にどう乾燥肌のケアしていけばいいのか、自身に合うものがわからないという人も多くいます。

脂質肌でも乾燥をまず防ぐ

脂質肌だからといって、サッパリタイプのスキンケア商品などを選ぶ人は多いですが、実は乾燥肌なのかもしれません。肌が乾燥するからこそ、皮脂の分泌が活発になります。例えばあぶらとり紙で皮脂を取りすぎると余計に脂っぽくなるという現象。適度に脂は残しておかないと、肌が乾燥していると察知して分泌が起こります。脂質肌でもしっかり潤う、浸透する、閉じ込めるスキンケアが必要です。これ等の事から逆に乾燥肌の人は皮脂が浮く、Tゾーンのテカリなど気になります。乾燥を防げば乾燥肌も落ち着いていき、皮脂分泌も落ち着いてきます。高い商品でなくてもドラッグストアの商品で充分ケアは可能です。今は酒造メーカーからのスキンケア商品などがあり、ライスパワーや米ぬかなど日本人の肌に合いリーズナブルなものが販売されています。シートパックも同じメーカーでライン使いすると効果も上がります。